出典 :フリースタイルダンジョン

トレンド

フリースタイルダンジョンが熱い!即興ラップとは!?

テレビ朝日のフリースタイルダンジョンが人気ですが、即興ラップの歴史は以外と古く、1980年代のアメリカでは既に人気を博していました。日本ではエミネムの映画8マイルが近年の火付け役。それが現代までに洗練され、いくつかの重要なエレメントが垣間見れてきました。

即興

同じく黒人発祥のジャズにとっても重要な要素で、決められた小節内でコードに沿った即興演奏をするスタイルがジャズの魅力でした。
楽器同士の掛け合いによる喧嘩セッションなどもあり、天才的な閃きを連発したアルトサックス・プレイヤーのチャーリーパーカーのプレイは伝説になっています。

終わるとすぐタバコ吸う。

ライム(韻)

日本語では母音である(a・i・u・e・o)をリズミカルに反復させて余韻を残すことです。フリースタイルバトルではここが決まると客を沸かすことができ、勝利へとつながる大事な要素です。子音や発音記号が多い外国語ではもっと複雑な韻を踏むこともあります。

フロー

歌い回しのことです。ビートの速さの上にスムースに乗せながら強弱をつけ、時に感情を込めたりして抑揚をつける要素です。

アンサー

ラップバトルの場合、対戦相手の言葉に対しての返しが肝となってきます。揚げ足取りではなく、ユーモアを利かせて華麗に足元をすくえばもはや勝負あり。

パンチライン

英語では冗談のオチの部分。総じてラップの印象的な部分のことです。16小節で順を回すことが多いラップミュージックでは音の抜けや最後に潜んでいることが多い。

楽器や専門知識がなくてもどこでもできてしまうラップの可能性はこれからもどんどん広がっていくと思います!

関連記事

  1. トレンド

    【東京-大阪 20分】夢の乗り物ハイパーループとは?

    電気自動車業「テスラモータース」や、民間宇宙船事業「スペースX」、pa…

  2. 芸能人

    個性的なモデルたち

    「NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」( …

  3. 芸能人

    日本の音楽の歴史を変えた天才・小室哲哉について

    90年代の日本の音楽シーンを牽引してきたプロデューサー、小室哲…

  4. トレンド

    最近の女子高生のプリクラポーズ!!

    時代を切り拓く力はいつも若者から! 流行を生み出すクリエイティブな…

  5. トレンド

    海外の超絶ピタゴラ(朝食編)

    海外のギミックの使い方に定評のあるユーチューバー、Joseph's M…

  6. トレンド

    コントロール不能のコックピット映像

    引退した海軍パイロットの操縦士、息子、息子とガールフレンドの3人で飛行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

  1. マスター2人による手打ち麺の真髄に触れる
  2. ケンダル・ジェンナーのシースルー・ドレス
  3. 【世紀末列伝全話放送】ドリームキャスト湯川専務は秋元康プロデ…
  4. 海外の超絶ピタゴラ(朝食編)
  5. 最新のドッグショーの前衛度が加速中

おすすめ記事

  1. トレンド

    LEGOの朝食マシンが開発される
  2. 爆笑

    ポンキッキーズ終了!45年に渡って子供をわくわくさせた伝説。
  3. トレンド

    空から睨みを利かす白バイ
  4. 芸能人

    ハライチ岩井の業界に向けたブラックメッセージソング
  5. 犬猫

    犬のおもちゃに本気で怒り狂ってる柴犬がかわいい
PAGE TOP