トレンド

【漫画界の至宝】藤子不二雄Ⓐ展が開催中!@六本木ヒルズ

笑うせえるすまん、忍者ハットリくん、怪物くんなどの生みの親。
藤子不二雄Ⓐさんの展示が六本木ヒルズ52F、東京シティビューにて開催中です。

藤子不二雄Ⓐプロフィール

1934年富山県氷見市生まれ、84歳(2018年7月現在)。1951年より漫画制作を始める。
主な著作は『忍者ハットリくん』、『怪物くん』、『プロゴルファー猿』、『笑ゥせぇるすまん』など。1990年自作マンガをもとに映画「少年時代」を製作、日本アカデミー賞他多数受賞。
2005年文部科学大臣賞受賞2008年旭日小綬章受章。

ベジタリアン。
手塚治虫のアシスタントを経験後、『ドラえもん』『パーマン』の作者である藤子”F”不二雄とコンビを組み『オバケのQ太郎』を共作。
手塚治虫・石ノ森章太郎・赤塚不二夫・寺田ヒロオらと共に豊島区南長崎のトキワ荘で名作を生み出しました。

本展示の見どころ

ポップコメディ作品

アンディーウォーホルや、リキテンシュタインに影響されたような色使いが鮮烈なコーナーです。

ブラック・ユーモア

不二雄Ⓐワールドの真骨頂。『黒ベエ』『魔太郎がくる!!』などの短編集がお読みいただけます。

オフィシャルグッズ

展示会限定ショップ「怪奇や」をオープン。限定グッズにはかなり力が入っています。

藤子不二雄Ⓐ展概要

■展覧会名:藤子不二雄Ⓐ展 -Ⓐの変コレクション-
■会期:2018年10月19日(金)~2019年1月6日(日)
■開館時間:10:00-22:00(最終入場21:30)
■入場料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子ども(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
■会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
東京都港区六本木6-10-1
https://tcv.roppongihills.com/jp/
■主催:東京シティビュー、藤子不二雄Ⓐ展製作委員会
■特別協力:藤子スタジオ
■協賛:富山県氷見市
■後援:J-WAVE 81.3FM
■お問合せ:東京シティビュー 03-6406-6652(10:00~20:00)

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。
主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. トレンド

    夫婦喧嘩の翌日のメッセージ弁当がツンデレすぎると話題に

    夫婦喧嘩の翌日に、奥さんが作ってくれたお弁当の写真がTwitterで話…

  2. トレンド

    画像が表情を変えてしゃべるアプリ「Mug Life」

    顔の表情を自由自在に動かせるアプリがTwitterで話題沸騰中!そ…

  3. トレンド

    2018年新語・流行語大賞発表!カー娘の「そだねー」が年間大賞に

    2018年12月3日、平成最後となるユーキャン新語・流行語大賞トップ1…

  4. トレンド

    【超名曲がずらり】スラム・ダンクのテーマソングといえば?

    井上雄彦作のスラム・ダンク。漫画では週刊少年ジャンプに1990年~…

  5. ハワイ、2021年、日焼け止め禁止、サンゴ礁

    トレンド

    【常夏の楽園ハワイ】2021年から日焼け止めオイルが禁止!それには深い訳が。

    CNNによると、米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は、2021年1月1日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット vol.3
  2. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット vol.2
  3. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット
  4. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.4
  5. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.3
  6. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.2
  7. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」
  8. ネコ科一の凄腕ハンターキャット!
  9. 高級苺のチャートがアップデート!
  10. サントリーのストロングゼロが日本を圧巻中!
  1. リアル比較

    天才マジシャン「シン・リム」による超絶マジック!見破れたら、あなたも天才かも?
  2. 芸能

    とんねるず二人が元横綱「輪島大士」さんを追悼!生ダラ世代の涙が止まらない
  3. 感動

    42歳で4つ子を出産した母。子供が可愛すぎる。
  4. Art

    見え隠れ満ち汐のロマンス
  5. Art

    【キッコーマン〜成田エクスプレスまで】日本の工業デザインの巨匠・榮久庵憲司
PAGE TOP

hypleメルマガ登録