出典:JIJI.com

トレンド

またもやスペインで!15世紀のマリア像を素人が修復し話題に

スペイン北部アストゥリアス自治州のラニャドイロ村にある小さな教会で最近、15世紀のマリア像が派手な色彩で修復され、スペイン各紙の話題をさらっている。

修復前は木目がそのままの彫像だったが、今は鮮やかなピンクやスカイブルーで塗られ、殺到する批判に対し、修復した近所の女性「マリア・ルイサ・メネンデス」さんは「私はプロではない」と地元紙に反論した。

メネンデスさんは教会の責任者の許可を取って修復した。「私はこういう作業が好きだし、私のできる範囲で色を塗った。私にとってはすてきな色だし、近所のみんなも気に入ってくれている」と述べた。

スペインでは2012年にも北東部アラゴン自治州ボルハの教会で、約100年前の古いキリストのフレスコ画を近所の素人の女性が塗りつぶすような修復を行って騒ぎになった。

スペイン美術保護協会は「こんなことを繰り返されて誰も気にしないのか。祖先の遺産を目の前で破壊されるのを傍観して、一体どういう社会なのか」と怒りの声明を出した。

しかし、ボルハの教会は修復で有名になり「修復」されたキリストのフレスコ画が「サルのようだ」などの酷評を浴びたことが逆に多数の観光客を招き寄せ、地元の町を沸き返らせる結果となっている。

写真機が相棒です!

音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。

暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。
抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。

気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. トレンド

    ボジョレー・ヌーボーを浴びる!

    女房を質に入れてでも初鰹!と言うくらいに、日本人の初物好き…

  2. トレンド

    【マカオ-香港】世界最長55kmの海上橋が完成

    中国は都市圏人口2億5000万人を構想。急ピッチでインフラに何百億ドル…

  3. トレンド

    誰でもポップ・スターになれるかも!?ダンスをキレッキレッに補正してくれるAIが登場

    米カリフォルニア大学バークレー校のアレクセイ・エフロス博士の研究チーム…

  4. トレンド

    日本一かっこいい「二文字名字」ランキング・ベスト5!

    日本でポピュラーな名字といえば、漢字二文字からなる名字。では、漢字二文…

  5. トレンド

    チャイルデッシュ・ガンビーノ新曲が1億回再生突破!反応が世界から続々と

    ラッパーでありながら、俳優・コメディアンとして活躍するChildish…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット vol.3
  2. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット vol.2
  3. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット
  4. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.4
  5. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.3
  6. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.2
  7. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」
  8. ネコ科一の凄腕ハンターキャット!
  9. 高級苺のチャートがアップデート!
  10. サントリーのストロングゼロが日本を圧巻中!
  1. 感動

    ロシア・ワールドカップの運営スタッフが、日本代表の試合後対応に感動。ロシア語で「…
  2. トレンド

    「履歴書受け取って下さい!」プラカードを掲げるホームレス男性!すると超一流企業か…
  3. ビューティー

    女性必見『ほくろ占い』ほくろの位置から分かる運勢や性格!
  4. トレンド

    あのロングセラーの兄弟!『ピーチアメ』本日3.12より販売開始!
  5. トレンド

    知ってた?東西の交通系ICカードの違い
PAGE TOP

hypleメルマガ登録