出典:MESSY NESSY

おすすめスポット

ブータンの古代ペニス修道院への巡礼

ヒマラヤ山脈の東の端、日本と同じ仏教国のブータンにある古代修道院には思わず赤面する壁画が。Chimi Lhakhangと呼ばれるこの寺院は、神聖なる性を祀っています。

水田に囲まれた静かな修道院は、15世紀のDrukpa Kunleyという修道士による性的啓発で作られ、彼は仏教界の黒い羊として地元の人々からは「神聖な狂人」と呼ばれていました。

ペニスを悪と戦うための「炎の智慧の雷」と宣言。彼は過激なユーモアの持ち主で、彼の信者は、他の修道院の “厳格”に対抗する大胆なジェスチャーとして彼のペニス寺院を捉えていました。繁殖力と生命の象徴として、クンレーの特別な治療方法は、訪問者の頭に「雷鳴」をぶつけることでした。それで悪魔の犬を打ち負かしていたようです。

鎖国が続き、1999年までテレビとインターネットが違法だったブータンは、現在世界中の好奇心の的です。観光客にあまりオープンになることには消極的で今現在、ブータンの観光ビザでは1日250ドルの費用が掛かります。

村にはいくつものレストランがあり、訪れた人は「ペニスのディズニーランド」と呼ぶとか。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。
主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. トレンド

    近未来は自転車が鍵を握る!?大企業が革新的事業を展開

    シェアサイクリングの流行の波が押し寄せ、ソフトバンク、ドコモ、DMM、…

  2. トレンド

    【マカオ-香港】世界最長55kmの海上橋が完成

    中国は都市圏人口2億5000万人を構想。急ピッチでインフラに何百億ドル…

  3. Sexy

    「PLAYBOY」のグラビア女優が30年後に同じポーズで撮影すると・・・?

    アメリカの成人向け娯楽誌「PLAYBOY」。創刊は1953年と半世…

  4. おすすめスポット

    スペイン恒例のトマト祭り「トマティーナ」が開催!町中が真っ赤に染まるカオスな祭典

    スペイン三大祭と言えば、「バレンシアの火祭り」「セビージャの春祭り」「…

  5. おすすめスポット

    岐阜にあるモネの池が桃源郷

    印象派画家、クロード・モネの睡蓮を彷彿させる池が、国内外からの観光客で…

  6. リアル比較

    制服女性のオン/オフ

    軍隊や警察、特殊部隊といった職場で活躍する女性の制服姿と、オフの私服の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット vol.3
  2. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット vol.2
  3. ドバイ 女一人旅 オススメ観光スポット
  4. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.4
  5. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.3
  6. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」vol.2
  7. 女子にオススメしたい!インスタ映えの国「インド」
  8. ネコ科一の凄腕ハンターキャット!
  9. 高級苺のチャートがアップデート!
  10. サントリーのストロングゼロが日本を圧巻中!
  1. 芸能

    怪力伝説!馬を担ぎ、手で釘打つ現代のサムソン!
  2. アメリカ、BurningMan 、バーニングマン、アート、フェス

    トレンド

    【世界の奇祭フェス】突如砂漠の中に現れる架空都市。アートの祭典「バーニングマン!…
  3. Art

    日常品をアレンジしたアートにニヤリ
  4. 号泣

    逆読文字「アンビグラム」に感動!
  5. 芸能

    日本の音楽の歴史を変えた天才・小室哲哉について
PAGE TOP

hypleメルマガ登録