マハティール首相

出典:AFPBB News

感動

「日本人よ誇りを持て」日本の高校生を泣かせた。92歳マハティール首相のスピーチ!

世界最高齢の首相として政界復帰されたマレーシアのマハティール・モハマド氏」は、2002年、マレーシアを訪れた東京都立国際高校の修学旅行生に向かって「あなたたちは日本人の勤勉な血が流れているのだから、誇りに思いなさい」と語ったスピーチの記事は大きな反響を呼びました。

スピーチを聞いた高校生たちは、「感動した。こんなことを言ってくれる日本人の政治家はいない」と感激し、涙を流してたといいます。

親日家である「マハティール・モハマド氏」は、自国民に日本の素晴らしさを伝えると同時に、日本人に対してもさまざまな形で熱いメッセージを送っています。

 

「立ち上がれ、日本人よ」

マハティール首相マハティール・モハマド氏

――愛国心について

はっきり申し上げれば、いまの日本人に欠けているのは自信と愛国心です。日本が『愛国心』という言葉に過敏になる理由は、私にもわかります。確かに、過去に犯した多くの過ちを認める用意と意思は持たなければならない。しかし半世紀以上も前の行動に縛られ、恒常的に罪の意識を感じる必要があるのでしょうか。

ドイツを見てください。誰が彼らに、戦争中のナチスの残虐な行為を謝罪して回るよう求めているでしょうか。
しかし日本ではどの首相も、2世代も前の人間がやらかしたことを謝罪しなければならないと思っている。

これは不幸なことです。日本が再び軍事大国になることはないという、近隣諸国の不安を取り除くための保証さえあれば、謝罪の必要はありません。

 

――日本の首相の在任期間の短さについて

一人の政治指導者があまりに長く権力の座に居座ると、強権的になり腐敗を招く、という懸念がつきまとうのも事実です。しかし良識ある愛国的な指導者は、自らの権力を濫用することはありません。

投票による民主的なシステムでは、人気のあるリーダーは政策を十分に実行しうるポストを与えられます。いっぽう権力を濫用する者は、解任されるか選挙で落とされる運命にあります。

 

――日本のアジアでの地位について

今まさに日本が挑戦すべきことは、東アジアにおけるリーダーの役割を果たすことです。日本には経済的な規模があり、富があり、世界水準の技術力がある。

世界のリーダーとなるには軍事力も必要だという考え方もあるでしょうが、今日の『戦争』は経済的な側面が焦点です。

東アジアだけでなく、世界が日本を必要としています。今日、世界がおかれた状況は修羅場と言ってもいいほどです。自由貿易システムの濫用、投機家の底なしの貪欲さ、そしてテロリズム――。日本のダイナミズムと、ひたむきな献身が、まさに必要とされているのです。

 

――終身雇用の崩壊について

最近、欧米のメディアが積極的に転職する日本の若い世代を誉めそやす記事を読みました。これは、まったく間違っています。

長年保たれてきた企業と従業員の、よき家族にも似た関係が薄れてしまえば、私たちが多くを学んだ『日本株式会社』もまた立ち行かなくなる。

失業者を増やし、企業と社会の生産性を損なう外国のシステムを、なぜ盲目的に受け入れなければならないのでしょうか。アジアは欧米ではないのです。

日本人は、日本固有の文化にもっと誇りをもつべきです。もし当事者であるあなた方がそう思っていないとしたら、私の口からお伝えしたい。

あなた方の文化は、本当に優れているのです。

日本の力を忘れてはいませんか。

 

――日本の現状について

マレーシア経済危機のとき、日本は私たちの味方となってくれました。しかしその日本はといえば、残念ながら私の目からは自分を見失っているように、そして自分の考えで動いてはいないように映ります。

いまのところ日本は、私たち東アジアの国々から生まれた唯一の先進国です。そして、富める国には隣人に対してリーダーシップを発揮する義務があります。潜在的な大国である中国をうまく御しながら、その責務を果たせるのは西側諸国ではありません。それは、東アジアの一員たる日本にしかできない役目なのです。
いつまでも立ち止まっている余裕はありません。それは日本にとっても、東アジアにとっても、世界にとっても、大いなる損失でしかないのです。

最後にはっきりと申し上げたい。
日本人よ、いまこそ立ち上がれ――と」

メディアについてのマハティール首相の言葉をご紹介します。

「世界は西側の価値観に支配されている。メディアはその最たるものだ。日本のメディアは欧米のメディアに左右されることなく真実の報道をしてほしい」

写真機が相棒です!

音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。

暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。
抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。

気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. 感動

    アメリカ・メキシコ国境で愛を誓う!希望の扉が開いた数分間の結婚式

    米カリフォルニア州サン・イーサイドロとメキシコのプラヤス・デ・ティファ…

  2. 感動

    米ソウルの女王『アレサ・フランクリン』さん死去で駅に落書き!NY地下鉄側がみせた粋な対応に反響

    ソウルの女王と呼ばれ、16日に死去した米歌手アレサ・フランクリンさんを…

  3. 感動

    折り紙で描くHONDAの世界!ストップモーションアニメで振り返る70年の歴史

    HONDAは今年で創業70周年を迎えるに合わせ、ストップモーションムー…

  4. 感動

    ロシア・ワールドカップの運営スタッフが、日本代表の試合後対応に感動。ロシア語で「ありがとう」

    ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表はベルギー…

  5. 感動

    雪山で遭難民を救うヘリコプターの超絶テクニック

    オレゴン富士とも呼ばれるフッド山脈で7名が救出される動画が公開されまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

アーカイブ

おすすめ記事

最近の記事

  1. アインシュタイン直筆「神の手紙」3億円で落札
  1. 犬猫

    パンダの見分け方【リーリー・シンシン】
  2. 豆知識

    意外と知らない!破格で取引される「エラーコイン」の種類!
  3. 森ビル デジタルアートミュージアム

    Art

    「森ビル デジタルアート ミュージアム・エプソン チームラボ ボーダレス」 6月…
  4. トレンド

    LEGOの朝食マシンが開発される
  5. Art

    歴史的絵画を200年前の姿に
PAGE TOP

hypleメルマガ登録