世界初の缶コーヒー「UCC ミルクコーヒー」がギネス世界記録に認定。

UCC上島珈琲株式会社は、「UCC ミルクコーヒー」が販売期間49年で缶コーヒーのロングセラー製品としてギネス世界記録に認定されたことを発表しました。

1969年に発売された世界初の缶コーヒー「UCCコーヒーミルク入り(当時の商品名)」は、UCC創業者の上島忠雄氏の、「いつでも、どこでも、一人でも多くの人においしいコーヒーを届けたい」という創業精神から誕生。

認定授与式に出席した同社の上島達司会長は、このようにコメントしている。

UCC ミルクコーヒーの登場は、国内のコーヒー飲用の裾野を大きく広げ、業界を活気づけました。発売から49年、多くの皆様にご愛飲頂いたことに感謝を申し上げます。

これからも『いつでも、どこでも、一人でも多くの人においしいコーヒーをお届けしたい』という創業精神を胸に、社員一丸となって取り組んでまいります。

子供から大人まで世代を超えた幅広い層から愛される「UCC ミルクコーヒー」。これからも、缶コーヒー界のパイオニアとしておいしいコーヒーを届けていくことでしょう。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。