「誕生時にスイッチされた」DNAテストで判明 72歳の女性ふたり 

アメリカ,ミネソタ州,NAテスト

出典:ニコニコニュース

アメリカミネソタ州にあるベセスダ病院で、31分違いで生まれた二人の女の子がいました。彼女たちは、ともに愛らしい女の子で「デナイス・ジュンスキ」と「リンダ・ジョディーン」と名付けられたそうです。

アメリカ,ミネソタ州,NAテスト

二人は、病院の手違いによりそれぞれスイッチ(交換)されたまま退院してしまう事になります。彼女たちは別の家庭で育ち、温かい家族に囲まれながらも、どこか自分だけが浮いていると感じていたそうです。

髪や目の色だけでなく、気質や趣味も一人だけ違う。心の隅にあった違和感の理由が明確になったのは、72歳になってからでした。

アメリカ,ミネソタ州,NAテスト

「時々、私は家族に馴染まないという感覚がありました」
「私は他の人生を歩むべきだったんじゃないかってね」

きっかけは、デナイスさんが受けたオンラインのDNAテスト。彼女のDNAは家族のどの人ともマッチせず、ふと「誕生時にスイッチされた」という考えが頭をよぎりました。

アメリカ,ミネソタ州,NAテスト

その後、デナイスさんのDNAレポートをリンダさんの姪が発見したことにより、リンダさんもDNAテストを受けたことで、二人がお互いの家族に引き取られていたことが判明したそうです。

スイッチが起こった原因について、病院を追及するつもりはなく、今は淡々と事実を受け入れ、流れに身をまかせたいと話す二人。

老人ホームにいるデナイスさんの生母を含め、お互いの家族と会いながら、交流を深めているそうです。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。