【速報】オウム真理教「麻原彰晃」死刑囚ら7人の死刑が執行される。 

出典:AEARdot.

2018年7月6日、元代表の麻原彰晃「本名・松本智津夫」死刑囚ら教団の元幹部7人に死刑が執行されました。

今回が初めてとの事で死刑が執行されたのはオウム真理教の代表だった松本智津夫死刑囚のほか、いずれも元幹部の早川紀代秀、井上嘉浩、新実智光、土谷正実、中川智正、遠藤誠一の合わせて7名が刑に処されることになる。

松本智津夫死刑囚を含め7人の死刑囚は、平成元年の坂本弁護士一家殺害事件や、平成6年の松本サリン事件、平成7年の地下鉄サリン事件など数々の大事件を引き起こし、合わせて29人が死亡、およそ6500人が被害に遭いました。

|なぜ執行が遅れたのか?

日本では刑事訴訟法にもとづき、本人と共犯者全員の罪状について有罪が確定し、犯行グループ全員に上訴の機会がなくなるまで死刑は執行されない。

オウム真理教関係者に対する刑事裁判は今年1月に終了したばかりだった。

日本では2011年に死刑執行が止まる、いわゆる「死刑執行モラトリアム」があったものの、それを除くと2010年代には毎年、年間で最大8人の死刑が執行されているなどが理由に挙げられる。

松本死刑囚は、地下鉄サリン事件などあわせて13の事件で殺人などの罪に問われ、2006年に死刑が確定していました。松本死刑囚は、東京拘置所に収監されていましたが、関係者によりますと、6日午前、死刑が執行されたということです。一連のオウム事件では松本死刑囚を含め13人の死刑が確定している。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。