【Uber×NASA】2020年までに飛行タクシーサービスを開始

出典:YouTube

Uberが初めてNASAと提携をして、オンデマンドの電気式航空機タクシーサービス「UberAIR」便と呼ばれる都市環境の低空飛行機を開発したと発表した。2年後の2020年にロサンゼルス、その後ダラス、フォートワース、フリスコで飛行試験を開始する予定。

オンデマンド型の電気航空機のタクシーサービスは、人口密度の高い都市部でより迅速かつより環境に優しい方法として、車を航空輸送に置き換えるために「Uberアプリ」を使用して歓迎される。

航空機の設計は最大4人の乗客を運び、乗車を共有することもできます。最初は人間によってパイロットされるが、最終的に1,000〜2,000フィート(300〜600メートル)の高さで自律的に飛行する。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。