coco壱番屋創業の宗次徳二氏「私財は相続させず奨学金等に」

グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次徳二氏(69)が持ってきたのは、後任の社長から贈られた「バイオリンのピンバッジ」だ。クラシック好きが高じて28億円の私財をなげうち、名古屋にコンサートホール『宗次ホール』を建設した。輝くピンバッジは、開館日に現社長から贈られた。「私がバイオリンの音色に魅了されていることをよく知る後継者からのサプライズは、心の琴線に響き、涙してしまいました」

|壮絶な生い立ち

孤児院から3歳で養子となり、幼少期は雑草を食べるほど困窮し生活保護を受ける生活。だが、自分を不幸と思ったことはなく、他人を恨んだこともない。その穏やかな表情には、生来と思しき気品が漂う。

妻と二人三脚で始めた喫茶店業。お客さんの一番人気は妻の直美さんの手作りカレーであることに気づき、カレー専門店の創業を決断。事業は右肩上がりで大成功。世界中に1,000店舗以上を構える大企業に。「三流経営者でも何とかなる見本でしょうか」と謙遜するが、朝4時台の出社など、並みの経営者以上の働きがもたらした結果なのである。

「この先も“百利あって一害なし”の早起きを続け、これまで同様、毎日一所懸命生きることが私の終活。亡き後の私財は相続させず、奨学金やホームレス支援などにすべて投じます」

NEWSポストセブン

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。