食料廃棄の救世主となるか!?フードシェアリング「TABETE」始動!

出典:Cocooking

人が美味しく食べれる食材を破棄することを「フードロス」といいます。日本はそのフードロスが年間約621万トン。 そのうち339万トンが飲食店や小売業などの飲食業者からの破棄となっています。これは世界の食料援助の約2倍の量に相当。それでも足りず毎年1500万人が餓死しています。

日本の畑事情

日本の食料自給率は38%前後。これはもし、世界的な飢饉で輸入がストップした場合、日本人口のおよそ3000万人が餓死線上に喘ぐ可能性にあります。そして意外にも世界でもトップ10位に入るほど畜産業が盛んで、よく牛・豚・鶏は育てられていますが、その動物を飼育するトウモロコシなどの飼料が輸入に頼っているために、今後の見通しは分かりません。

1/3ルールを改定

日本の商慣習では1/3ルールというものが長く使われてきました。 これは製造日から賞味期限を【納品期間】-【販売期間】-【消費期間】と3等分に分け、2/3を過ぎた商品は見切られて店頭から姿を消したり、破棄される可能性が高いというものでした。現在では大手チェーン店が改善に乗り出し、納品期間を従来の2倍に伸ばすという試みもされています。

国内初のフードシェアリングサービス

飲食店での消費期限は伸ばすわけには行かず、ついに飲食店や惣菜店等で発生してしまう余剰の食事を売りきる・食べきることを応援する「フードロス削減」のためのWebサービス、「TABETE」が始動します。 店舗による情報の掲載、ユーザーによる食事のWeb決済購入などが簡単に可能。購入後にユーザーは指定された時間内に店舗まで食事を受け取りに行くサービスです。

現在試験運用中とのことですが、2018年春始動予定ですので、ぜひ今のうちに事前登録を済ませておいてはいかがでしょうか?食のありがたみを改めて身に感じるいい機会かもしれません。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。