冬の風物詩、線路から炎があがる。

出典:RAILPICTURES.NET

雪は降れば溶け残るもの。
上毛電気鉄道株式会社(じょうもうでんきてつどう)で働くMineoさんがTwitterの投稿で、雪の日の線路で見かける光景について教えてくれています。

融雪カンテラ

鉄道の分岐器が凍ってしまうのを防ぐため、付近を除雪する器具。 多くの鉄道は電熱式の装置を使用しているが、旧式は天然ガスを燃やしており、さらに古い灯油式のものを燃やし、何世紀も続くやり方で鉄道は順調に運行しています。 今回教えてくださったMineoさんの働く鉄道は、群馬県のローカル鉄道.。伝統ある確かな方法で鉄道の安全を保っています。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。