古都の闇『京都カースト』を描いた漫画が、ギャグなのかマジなのか不明。

あさのゆきこさんによる漫画『はんなりギロリの頼子さん』のとある回が、京都人の出自の見栄の張り合いだと話題です。

脚注

京都市内の、昔の王城があった場所を『洛中』、その外を『洛外』といいます。市外から通っていると『遠いとこからよう来てはるなあ』と言われることもあるとか。「ウラとオモテ」を楽しむ文化なので、褒められても額面通りに受け取らず、なぜその話題が出たのか考察する必要がありそうです。面倒といえば面倒ですが、奥ゆかしいといえば奥ゆかしい。

はんなりギロリの頼子さん

京都出身でバツイチ出戻りタバコ屋の店主、新堂頼子が閉鎖的な京都に嫌気が差しつつも、地元愛を大切にする漫画。『WEBコミックぜにょん』連載中。2018年には関西テレビでドラマ放送されました。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。