渡世人のLINEスタンプ、こんな感じだった。

警視庁に摘発された指定暴力団組員の男が無料通信アプリ「LINE」上で使える「LINEスタンプ」という画像アイテムを自作し、オンライン上で販売した疑いがあることが関係者への取材で分かった。
スタンプは一般の利用者向けに販売されており、警察当局は暴力団が若者らに浸透しているLINEに目をつけ、新たなシノギ(資金獲得活動)としている可能性があるとみて警戒を強めている。
スタンプは複数の種類があり、短髪の男性の画像に「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」といったメッセージが添えられているほか、携帯端末を見つめる男性の画像に「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言がある。
販売額はラインのルール上の上限の600円に設定。スタンプ作成者には、手数料を差し引いた一部が還元される。捜査関係者は「組員が関係先にスタンプ購入を強制すれば、実質的なみかじめ料の徴収にもなり得る」と懸念する

ネットの声

・身分隠してシノギやってるのにそこはそのままなんかい!w
・LINEスタンプを自作して販売って最早暴力団組員じゃないだろ。クリエイターやわ。
・価値提供してるんだからこれは許せよ
・スタンプ自体はそこそこ考えたアイディアっぽいから,真面目な商売なように思えるけど,反社会的勢力だからな...物悲しいな.
・いやー……笑っちゃいけないんだろうけど面白すぎるなこれ
・レアスタンプになりそう

ビンビンの縦社会では話が早そうなスタンプですね。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。