「ハードボイルドだ」 新・かちかち山は漢の友情を書いた物語

Twitterの藤井おでこさんの書いた新・かちかち山が話題です。

かちかち山

成立は室町時代。あらすじは下記の様、

・いたずらした狸を翁が捕らえる。
・改心したふりをして老婆を騙し、縄を解かせて撲殺。鍋に入れて「ババア汁」を作る。翁に食べさせる。
・翁が兎に相談。芝刈りでの大火傷、火傷跡にカラシ入りの味噌を塗り込む。最後は泥舟で土左衛門にして成敗完了。

狸を火責めにしたり水没させるのには、古来日本で行われていた盟神探湯(くかたち)という神意を得る呪術的裁判から来ていると言われています。

さらに、狸が翁を殺して羹(あつもの)に入れてしまう罪について、日本人のカニバリズム(食人文化)に対しての強い憎悪感を想起されていると言われます。

太宰治版かちかち山

文豪、太宰治が書いたかちかち山が存在します。舞台は河口湖畔。兎は16際の美少女、狸は中年男で始まる盲目の恋物語です。テレビドラマにもなった、皮肉の効いた喜劇です。詳しくは太宰治の「御伽草紙」をチェック!

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。