トヨタ最速が帰ってきた!新型スープラがお披露目!

米国で開催中の「デトロイトモーターショー」で新型スープラが初めて公の場に現れました。

仕様やグレードは以下の通り。

「GR Supra」(シリーズ5代目)

・RZ 直列6気筒 ツインスクロールターボ 3,000cc 348馬力
・SZ-R 直列4気筒 ツインスクロールターボ 2,000cc 258馬力
・SZ 直列4気筒 NA 2,000cc 197馬力

BMWと共同開発

スポーツカーは他の車に比べ開発費がかさむ為、トヨタでさえスポーツカーゼロの時代がありました。
ゆえにスポーツカーをビジネスとして成功・確立させるためにトヨタはBMWとの共同開発の道を選びました。
そのため、BMWのZ4とタイヤやエンジンなど、同じパーツが使われている部分が多く存在します。

新技術の採用

ボデイ

アルミ/スチールの骨格構造を採用。剛性はハチロクの2.5倍。レクサスLFAのカーボンモノコックを上回る強靭なボデイ。

8速AT

ATの滑らかさとシフトスピードのレスポンスの良さを兼ね備えた『究極のAT』を採用。

サスペンション

フロントはダブル・ジョイント・ストラットを採用。低速時の取り回しを簡便にしつつ、高速域ではステアリングの切れ角を小さくすることで安定性を高めています。また、走行に応じて減衰力を変化させ、自動的に最適化する電子制御サスペンションを搭載。

気になる値段・発売時期は?

販売価格はUSドルで5万ドル〜なので、国内でも500万円以上が予想されます。
発売時期は2019年春頃とアナウンスされております。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。