東日本駅弁決定戦『駅弁味の陣2018』の結果が発表!

JR東日本では、沿線の駅弁頂上決戦『駅弁味の陣2018』を開催。
WEB及びハガキの総数26,293票から選ばれたはえある大将軍をご紹介します!

駅弁大将軍 海苔のりべん(福島県:福豆屋)

子どもの頃、忙しかった母が工夫と愛情を込めて作ってくれた海苔弁をインスピレーションに作られたのり弁。具材一つ一つが丁寧に作られ、シンプルながら丹精込めて作られた本品が見事グランプリを獲得!


駅弁副将軍 牛めし弁当(青森県:ウェルネス伯養軒)

青森産の牛肉を特製ダレですき焼き風に味付け。ほんのり甘いりんごの香りがついたボリュームある本品が高得点を叩き出しました!


そそられ将軍 岩下の新生姜とりめし(栃木県:松廼家)

WEB投票による食べたい駅弁NO.1に輝いたのは栃木名産の岩下の新生姜を、食材の味付けに使ったコラボ商品が、WEBでの目を引きました。肝心な味も生姜の強烈なアクセントが効いて期待を裏切らないそうです。


Ekiben Ichiban賞 厚切り真たん牛たん弁当(宮城県:こばやし)

海外からの投票が一番多かった『Ekiben Ichiban賞』には、希少部位「真たん」の厚切りを香ばしく焼き上げ、たっぷりのご飯に乗せたお弁当が選ばれました。


他にも名産の駅弁が勢ぞろい。15賞12駅弁が選出されました。
気になる方は下記をクリックしてみてください。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。