• HOME
  • 一覧
  • トレンド
  • 「風の谷のナウシカ」宮崎作品では初の歌舞伎化決定!原作全巻を昼夜通しで上演

「風の谷のナウシカ」宮崎作品では初の歌舞伎化決定!原作全巻を昼夜通しで上演

出典:ciatr

宮崎駿監督の代表作である「風の谷のナウシカ」が、2019年12月に新作歌舞伎として上演されることが決定しました。

宮崎作品、スタジオジブリ関連作品が歌舞伎の舞台で上演されるのはもちろん今回が初のことで、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「ナウシカを古典歌舞伎でやる。それが面白いと思ったし、どういうものが出来るのか楽しみです。」と期待を寄せています。

歌舞伎版の風の谷のナウシカでは、原作全7巻を昼夜を通して完全上演するということで、映画では描かれなかったストーリーも舞台上で演じられることとなります。

脚本家

脚本は、「借りぐらしのアリエッティ」「コクリコ坂から」「思い出のマーニー」など、スタジオジブリ作品の脚本を手掛けてきた丹羽圭子さんが担当します。

歌舞伎役者

主人公のナウシカを演じるのは尾上菊之助さん。トルメキアのクシャナを演じるのは、スタジオジブリ制作の「かぐや姫の物語」で声優を務めた中村七之助さん。

「風の谷のナウシカ」は、火の七日間と呼ばれる戦争によって文明が滅び、巨大な蟲と、有毒な瘴気を発する菌類の森・腐海に覆われた世界を舞台に、「風の谷」の族長ジルの末娘・ナウシカを描く物語。

1982年から1994年にかけてアニメージュにて連載され、1984年には宮崎が監督を務めた劇場アニメが公開されました。映画上映から30年以上経過した現在も、定期的にテレビ放送されるほど国民的人気作として今なお愛され続けています。

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」は、2019年12月から新橋演舞場(東京・銀座)で昼の部・夜の部 通し上演予定です。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。