• HOME
  • 一覧
  • トレンド
  • 『ライオン・キング』CGとなって25年ぶりに復活!もはや実写版のようなリアル映像に衝撃

『ライオン・キング』CGとなって25年ぶりに復活!もはや実写版のようなリアル映像に衝撃

出典:YouTube

ディズニー映画の金字塔として誰もが知っているといっても過言ではない名作『ライオン・キング』が、CG映画となって25年ぶりに帰ってくる。

予告編が公開されると、あまりのリアリティゆえに「実写版」とも言われている映像が話題を呼んでいます。

名作だけに「実写版?アニメだから良かったのにな〜」と思ってしまいそうだが、公開された予告編には動物たちの毛並みまでがリアルに再現されているので、最新技術で描かれる美しい映像に驚かされます。

予告編では、おなじみの名曲「サークル・オブ・ライフ」に乗せて、ヒヒのラフィキが幼いシンバを崖の上で天高く掲げるあの名シーンも登場します。

2018年11月22日、YouTubeに公開されたこの映像はすでに「5000万回」を超え、公式Twitterでは公開されてから24時間でなんと、ディズニー映画の中では過去最高の「2億2460万回」を記録しています。

監督、声優キャストが豪華!

| ジョン・ファヴロー(監督)

本当の動物が演じているように錯覚してしまうほどのクオリティーを実現させたのが、『アイアンマン』や同じくフルCGで描いた実写版『ジャングル・ブック』で世界を驚かせたジョン・ファヴロー監督。

同作については、音楽、アドベンチャー、ユーモアといった要素はそのままに、映画全体をバーチャルリアリティで撮影しているという。

『ジャングル・ブック』でも主人公の男の子以外は、CGの動物たちという作品を見事に描いた監督だけに、『ライオン・キング』にも期待が集まっています。

| ドナルド・グローヴァー(主人公・シンバ役)

主人公のシンバを演じるのは、ラッパー、チャイルディッシュ・ガンビーノとしても活躍する映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で若きランド・カルリジアンを演じた俳優ドナルド・グローヴァー。

| ビヨンセ(ヒロイン・ナラ役

なんと、シンバの幼なじみであるヒロインのナラ役には「世界で最も稼ぐセレブカップル」としてラッパーのジェイ・Zを夫に持つ、世界の歌姫・ビヨンセが声優を務める事に。

他には、シンバの父ムファサの声を務めるのは、アニメ版でもムファサの声を担当した「ダース・ベイダー」の声でお馴染みの演技派俳優ジェームズ・アール・ジョーンズ。

そして、同作に登場する人気コンビ「ティモン、プンバァ」役には、映画『ネイバーズ2』で共演しているコメディアンの2人「ビリー・アイクナー、セス・ローゲン」が務めます。

今回の予告編では、まだその声を確認することはできないがかなり豪華なキャスティングなのは確かだ。

気になる公開日は?

2019年7月19日に全米公開となっており、日本での公開はまだ決まっていないようなのですが、きっとそう遅くない時期に公開されると信じて、続報を待ちたいところです。

こちらの動画は、1994年のアニメーションが今回の実写版『ライオンキング』となって、どのようにリメイクされたのか確認できます。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。