ガーナで独自の進化を遂げた「よさいこい祭り」

アフリカでダンスを教えている日本人、nakagome63さんの投稿した動画が話題になっています。

なんと、高知県のお祭りである「よさこい祭り」に合わせてガーナ人が法被を着て踊っています。

よさこい祭り

徳島の阿波踊りに対抗する形で、昭和29年から高知県で始まったお祭り。
前・後夜祭合わせて4日間開催され、2万人が演舞、100万人が訪れます。
よさいこいとは、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という言葉が変化した言葉といわれ、高知県のよさこい節は古くから伝わっています。 現在ではYOSAKOIとして全国で開催。
特に札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」は有名で、毎年6月に開催されます。

よさこいのパフォーマンスはこちらより前編ご覧いただけます。Facebook

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。