【任天堂】日本人のコメントをブロック。その理由が社員から言及

ゲームメーカー大手の任天堂のYoutubeチャンネルNintendo 公式チャンネルでは、なんと日本メーカーにも関わらず、日本国からのアクセスではコメントが禁止されています。その理由が任天堂社員より言及されました。

<抜粋>
 「日本人は嫌いなものに執着しようとする一面があると思うんです。外国人は嫌いなものには中指を立てて終わり。もしくは相手にしない。
これが酷いところとなると、ゲーム会社単位、開発者単位であいつらの作ったゲームはダメ、なんて先入観を持って叩いてくる人もいますから
だから日本人の性質としてとにかく”クリエイター気取りの文句”が絶えないんです
しかし数百人数千人の人が携わる一つのゲームに、たった一人の一般人が気付くような穴を塞いでいないなんて事態は基本的には起こりません。
結局スタンスが違うだけで文句はアドバイス足り得ないんです。こういう意図があったのにそれに気づいてもらえず的外れたことを上から目線で言われたらストレスですから。
ただ外国人のように「良い」「悪い」を素直に評価していただければ我々も需要が どこにあるのか探りやすいわけです。だから外国人の評価は参考にしています。」

| 日本人はメガティブキャンペーンが十八番?

この策略に対し、様々な理由が考えられましたが、どうやら日本市場でゲームの売れ付きが良くないのに低評価が多い。もしくは購入せずに低評価をつける割合が多いのが理由に挙げられていました。

どうやらゲーム業界からは日本人のネットユーザーの印象は最悪のようですね。せっかく同じ言語を共有できる開発元がそばにあるのですから、思いやりを持った発言を心がけて信用を取り戻したいですね。同族嫌悪なんて今どき流行らないですし、悲しいです。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。