片足を失った女性がミスコン最終選考。何よりも伝えたかった事とは?

pourfemme

イタリアのミスコンテスト「ミス・イタリア」の最終選考に残った3人。
その中でも一際目立つ義足のキアラ・ボルディ(18)さんは13歳の時に事故で片足を失った。

ハンディキャップを逆手に取った、あざとい出場だと騒ぐ大衆に向かって彼女はこう述べた。

「私には脚がない。けれどあなたたちは心と頭を失っている。私は優勝することに興味はないけれど、劇的な出来事を経験して人生が変わった時でさえ、それでも人生は美しいと世界に示したい。」

今回のミス・イタリアの決勝大会では、カルロッタ・マッジョラーナが優勝。彼女がなぜ、生まれ持った個性でもない、ハンディを世間に晒したのか。
心してメッセージを受け取る必要がありそうな気がします。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。