インドの街に謎の「青い犬」が増殖!その原因が衝撃的すぎる

昨年頃からインド・ナビ―ムンバイ近郊で青い犬が大量に出没していると話題になっている。

犬たちが生息するナビ―ムンバイ西部のタロジャ地域は、インド国内のメーカーのみならず、外資系メーカーの工場も点在する、インドでも有数の工業地帯。

地元の動物愛護団体が調査した結果、近隣を流れる川が有害な化学物質で汚染されており、犬などはその川を泳いだリ、歩いて渡ったり、川岸でエサを漁ったりするなどして、このように白い毛が青く染まったと考えられているそうです。

まだまだ環境保全意識は低く、川に工場廃液を垂れ流しにする工場が後を絶たない。インドの水質は悪化する一方で、人々の健康被害はもちろん、ゴミまみれの川を餌場とする犬たちの体調も心配されている。

しかもこのような「青い犬」の目撃情報は、最近も増え続けていると言われている。2013年に、インドを訪れたブロガーが青い犬をブログに投稿しており、5年前から状況はほとんど変わっていないことがわかる。

地元行政や動物愛護団体は、民間企業へ環境保全に努めるよう警告し、対策に乗り出しているそうです。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。