ブータンの古代ペニス修道院への巡礼

出典:MESSY NESSY

ヒマラヤ山脈の東の端、日本と同じ仏教国のブータンにある古代修道院には思わず赤面する壁画が。Chimi Lhakhangと呼ばれるこの寺院は、神聖なる性を祀っています。

水田に囲まれた静かな修道院は、15世紀のDrukpa Kunleyという修道士による性的啓発で作られ、彼は仏教界の黒い羊として地元の人々からは「神聖な狂人」と呼ばれていました。

ペニスを悪と戦うための「炎の智慧の雷」と宣言。彼は過激なユーモアの持ち主で、彼の信者は、他の修道院の “厳格”に対抗する大胆なジェスチャーとして彼のペニス寺院を捉えていました。繁殖力と生命の象徴として、クンレーの特別な治療方法は、訪問者の頭に「雷鳴」をぶつけることでした。それで悪魔の犬を打ち負かしていたようです。

鎖国が続き、1999年までテレビとインターネットが違法だったブータンは、現在世界中の好奇心の的です。観光客にあまりオープンになることには消極的で今現在、ブータンの観光ビザでは1日250ドルの費用が掛かります。

村にはいくつものレストランがあり、訪れた人は「ペニスのディズニーランド」と呼ぶとか。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。