【第2のドバイ】新旧混じる魅惑のアゼルバイジャン!

出典:TRIPS

コーカサス山脈とカスピ海に囲まれるこの国は、人口約1,000万人の小さな国ですが、
紀元前から湧くバクー油田はミイラの防腐剤やモルタル、灯油などに使われてきました。
オイルマネーとシルクロードの要塞として栄えた国家です。

首都 バクー

バクーはペルシア語で『風の吹く町』。寒暖の空気が入り混じり強い風で知られたところです。
街全体が城壁都市として世界遺産に登録されています。さらには先述のとおり、オイルマネーでの現代建築も盛んです。

趣のある石畳の街並みもあれば

モダンな建物は日本でもおなじみのザハ・ハディド氏設計の建物。

街並みは美しく、人口の90%はイスラム教徒。

そびえ立つ3本のタワーはフレイム・タワー。190mの高さで、炎の形は資源国家であるバクーの近未来都市を象徴しています。

アゼルバイジャン・グランプリ

2016年よりF1の世界選手権が旧市街地で開催され、例年大盛り上がりを見せています。

オリエンタルな神秘的な美女が多いのも特徴。イスラム教には珍しく、肌の露出に寛容。

まだまだ、これから魅力が広まっていく都市です。きっかけがあればぜひ訪れてみてください。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。