【東京-香港 ¥3,280】破格を使わない手はない!LCCで飛び回ろう!

出典:LCC.jp

LCC(ローキャリアコスト)は、無料サービスの廃止や有料化により、コストダウンした航空会社です。
国内外にとどまらず、低価格で搭乗できるサービスは、レガシーキャリアと比べて以下のような特徴があります。

|LCCの特徴

機内サービス

「食事・飲み物」「アメニティ」「映画、音楽などの機内エンターテインメント」が、LCC各社では提供していない場合や有料の場合があります。

機内設備

航空機は種類ごとに免許の習得が必要なため、同じ機種で統一してパイロットの育成費などを抑えています。
そのため、簡素な作りになっており、座席のモニターなども無い場合が多いようです。

座席の広さ

LCCは小型機が多く、座席も高密度に配置されているため、足は組めず身長180cm以上の方にはやや狭い印象を受けます。

荷物の重量やサイズ

機内に持ち込める荷物のサイズは厳しく定められており、LCCの場合は追加料金がかかる場合もあります。

空港・乗り場が遠い

東京であれば、都心の羽田空港よりも少し離れた成田空港や茨城空港などのやや離れた場所から離陸することが多く、搭乗口もゲートの端に多いなど、利便性はレガシーキャリアよりも一歩引きます。

遅延が多い

空港への滞在時間を短縮することでコストダウンをはかっているので、一度天候などで遅延が生じると、タイトなスケジュールは軒並み乱れ、遅延が翌日に及ぶ場合もあります。

アフターケア

LCCではキャンセルの払い戻しに対して手数料が高く、最安値のチケットはキャンセル料が100%なんてこともあります。振替輸送などのサービスも設けていない場合が多いです。また、マイルも貯まりませんので、マイレージを貯めている人にとっては選択肢として悩ましいかもしれません。


|それでも魅力な低価格

高級旅館のおもてなしの期待には添えないかもしれませんが、小綺麗なシティーホテルで事足りる方にとっては、絶好のシステムだと思います。
また、頻繁に惜しげも無く破格のキャンペーンを行っていますので、下記キャンペーンサイトからこまめにチェックしてみてください。国内なら陸路より安いなんてザラです!

LCC.jp

LCC.jpは、日本国内で離着陸するLCC航空会社のキャンペーンを瞬時にアップロードしています。シンプルに日付順にアップロードするといった形です。キャンペーンは予告が多いので、スケジュールを合わせてマメにチェックしてみてください。


Traicy

TraicyはLCCの情報以外にも旅情報を総合で紹介しているWEBサイトです。メールマガジンに登録すると、お得なキャンペーンやクーポンの情報がいち早く手に入ります。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。