『変なホテル大阪 心斎橋』がオープン。最先端の日本の技術と文化が融合した、次世代宿泊施設

旅行代理店大手のH.I.Sホールディングスが手がける『変なホテル大阪 心斎橋』が2月1日にオープン。 受付の恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット『RoBoHoN』(ロボホン)が20体で出迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げます。

客室には照明の明暗や色を端末から調整できる『Philips Hue』を導入。

飲食店や観光ガイド、レストランの混雑状況までを知ることができるタブレット『tabii』を導入

宿泊業界にイノベーションをもたらす客室内タブレットサービス「tabii(タビー)」

大自然を表したプロジェクションマッピングを背景に、ロボットたちがお出迎えする『日本の最新技術と文化を楽しめる』ホテルとしている。

変なホテル大阪 心斎橋

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目5−2 OsakaMetro長堀鶴見緑地線「心斎橋」北7出口より徒歩1分 050-5576-8350 公式HP

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。