• HOME
  • 一覧
  • 爆笑
  • 寓話「ウサギとカメ」を実際にやってみたら衝撃のラストが待っていた!

寓話「ウサギとカメ」を実際にやってみたら衝撃のラストが待っていた!

ウサギとカメ,寓話,レース

出典:YouTube

アイソーポスによって書かれた寓話「ウサギとカメ」を、誰もが一度は子供の頃に読んだことがあるのではないだろうか。

万が一、知らないという方はこちらを一読ください。

ある時、ウサギに歩みの鈍さをバカにされたカメは、山のふもとまでかけっこの勝負を挑んだ。かけっこを始めると予想通りウサギはどんどん先へ行き、とうとうカメが見えなくなってしまった。ウサギは少しカメを待とうと余裕綽々で居眠りを始めた。その間にカメは着実に進み、ウサギが目を覚ましたとき見たものは、山のふもとのゴールで大喜びをするカメの姿であった。

この寓話をもとに、タイのIT関連ニュースサイトによって開催されたイベントで、実際に「ウサギとカメ」のレースが行われていました。

実際にウサギとカメがスピードを競うなど勝負は決まっている。物語のように進むわけがない、そう思う人はレース結果を見て驚愕します。

完全に余談ですが、ウサギとカメの話には続きがあるのをご存知でしょうか。
カメ編は、クライマックスがシュール過ぎて切ない気持ちになってしまうので、ウサギ編をどうぞ。

『ウサギとカメ』の続編 / ウサギ編

かけっこでカメに負けたウサギ(以下、負けウサギ)は仲間のウサギに馬鹿にされ、恥さらしとしてウサギの村を追い出される。しかしオオカミがウサギを狙っている事を知った負けウサギは、オオカミを騙して岸壁に誘い出す事に成功。負けウサギはオオカミに飛び蹴りを食らわせ、崖から突き落としてオオカミを殺害。ウサギの村は負けウサギを温かく迎え入れ、英雄となった。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。