元・宮殿お抱えショコラティエが作る、美しい紋様のチョコレート。

元バッキンガム宮殿のお姫様専属アイスクリーム職人〜ショコラティエとして独立し、ショコラ本場フランス・パリで愛され続けるビーントゥバーショコラティエ「CHAPON(シャポン)」。

Bean to bar(ビーントゥバー)

「Bean to Bar」ビーントゥーバーという製法は、ショコラティエ自らが、カカオの買い付けから焙煎、製造の全ての工程を自ら行う製法です。産地別に焙煎時間や温度の調節が必要で、熟練の技が生み出せる製法なのです。

製造の過程のアロマの発達、繊細な奥深い香り、酸味や渋みを飛ばしてまろやかな味わいを楽しめたりと、ショコラティエの力量が味に直結するオリジナリティを感じさせる製法です。

CHAPON(シャポン)

「シャポン」で大人気の「コフレアガーツ」は、“瑪瑙(めのう)”をイメージしたショコラ。 サクサクの自家製プラリネが入ったビターチョコレートベースにホワイトチョコをコーティングしたハイセンスなショコラで、アートな世界を魅せてくれる紋様はホワイトチョコレートにそのまま転写しているため、そのまま食べることができる。

「コフレアガーツ」が12粒入った「コフレ12アガーツ」は、一箱7150円(税込)。

「コフレ12アガーツ」をはじめとする「CHAPON」バレンタイン商品は、「CHAPON」青山店のほかバレンタイン催事場でも購入可能。大丸梅田店・大丸神戸店・そごう神戸店にて1月23日(水)~2月14日(木)、渋谷ヒカリエ・博多阪急にて2月1日(金)~14日(木)の期間販売。

大人に洗練されたチョコレートを、大切な人のために贈るのもいかがでしょうか。

「CHAPON」青山店

住所:東京都港区南青山6-2-9 南青山KSビル1F

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。