【余韻と叙情】奥深い線香花火のおはなし

夏の夜を彩る、満天の星空にも引けを取らぬ花火。
その中でも、静かにしみじみと味わえる線香花火は、また格別に魅力的ではないでしょうか。

そんな線香花火にも楽しみ方や種類があるのでご紹介します。

「東/西で違う線香花火」

西: 線香花火「スボ手」

300年続く線香花火の原形。ワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われています。米作りが盛んな関西地方には、ワラが豊富にあったため、このスボ手は関西地方を中心に親しまれてきました。 (※現在国内でこの花火を製造しているのは筒井時正玩具花火製造所さんのみ。)

東: 線香花火「長手」

関西から伝わる際、関東地方では紙すきが盛んだったため、ワラの代用品として紙で火薬を包んで作られました。そのため、この長手は関東地方を中心に親しまれ、その後、スタンダードな線香花火として全国に広がっていきました。スボ手に比べて燃焼時間が長いのが特徴。

引用元:筒井時正玩具花火製造所

「変幻四段」

牡丹

点火後の最初の現象。
真ん中の大きな丸い玉が「牡丹」のよう。
短い火花が重なり合い、「牡丹」といわれる所以です。

松葉

線香花火の一番激しく、そして美しいとき。
広く飛び散る様は、まるで「松葉」のように見えることから。

次に、柳。火花がしな垂れるように、下に伸びます。
風に舞うかのように
自然に身をまかせるかのように
描いた孤が趣を醸し出します。

ちり菊

最後は、ちり菊
菊の花びらが咲いては散って
咲いては散って
を繰り返し、線香花火の物語の終焉です。

引用元:立岩商店

今回引用させていただいた花火店を紹介します。
普段お店でお目にかかることの無い逸品が勢揃いですので、残暑見舞いのプレゼント、大切な人との夏の思い出にいかがでしょうか。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。