• HOME
  • 一覧
  • 音楽
  • W杯は、サッカーだけじゃない!日本初上陸『Parkour』ワールドカップ日本大会!

W杯は、サッカーだけじゃない!日本初上陸『Parkour』ワールドカップ日本大会!

出典:pixabay

2018年4月6日から、3日間に渡り広島市で開催されたアーバンスポーツの世界大会。FISE WORLD SERIESは、今回が日本初上陸ということで注目を集めました。

地上波では、見かける事が少ないアーバンスポーツですが、2020年東京五輪では新しくスケートボード、 BMX(自転車)、ボルダリング、3×3 バスケットボールなどが、正式種目になり話題になったのは最近の事ですね。

それ以外にも、「パルクール、ブレイクダンス、マウンテン・バイク」など、25種目を超えるアーバンスポーツが存在します。

そして今回は、フランスで生まれた現代版忍者パルクールを紹介します。

パルクールの歴史
  • パルクールとは
  • パルクールの原点
  • YAMAKASHI
  • パルクールの誕生

パルクールの歴史

●パルクールとは

己の身体一つで、ある地点からある地点まで、壁を這い上がったり飛び降りたりするパフォーマンスで、できるだけ早く効率的に安全に移動する術。またはそれを可能にするための基礎トレーニング。そして障害物を飛び越えるという恐怖を克服するための精神。これらを総称してパルクール(Parkour)と呼ぶ。

●パルクール原点

1980代後半、フランス・パリ郊外の街Lissesにて、少年達は自由に跳び、走り回り、壁や木をよじ登るといった誰もが一度はするような遊びをしていた。多くの人々は成長とともにやめてしまうが、彼らは大きくなってもその遊びを続けていった。 

●YAMAKASHI

1997年、九人の少年達によってリンガラの言葉で強靭な肉体、精神、人、そして忍耐という意味を持つYAMAKASIというグループを結成する。

彼らのストリートパフォーマンス映像をご覧ください!

(YAMAKASI)

●パルクール誕生

ダビッド・ベルはフランス海軍将校の考えに基づいて作られたフランス兵の障害物コース型身体トレーニングであるparcours du combattantをベースにしてParkourを作り上げた。それに加え、Parkourの誕生には、ダビッド・ベルの父親レイモンド・ベルの教えも大きく関与している。

出典:Mit


『Parkour』 W杯!

出典:Youtube

第1回、FIGパルクールワールドカップ日本大会

結果

女子スピードラン

  1. サスキアネビル(NED)
  2. Hikari Izumi (JPN)
  3. アンナ・グリアカハ(UKR)
  4. アレクサンドラ・シェフチェン(RUS)
  5. テルマイルフェン(SWE)
  6. Anna Yamashita (AUS)
  7. ステファニアジチス(AUS)
  8. カラ・ゴンザレス(MEX)

メンズフリースタイル

  1. パベルス・ペンクンズ(LAT)
  2. Waldemar Muller(GER)
  3. Kamil Tobiasz(POL)
  4. Johan Tonnoir(FRA)
  5. ペドロ・レオン・ゴメス(ESP)
  6. 佐藤健一(JPN)
  7. Hajime Yuuki (JPN)
  8. Zen Shimada (JPN) 
男子・女子共に見事ベスト8】にランクイン!

いずれ、オリンピッックの舞台で華麗に乱舞する姿が見てみたいですね。

『JUMP JAPAN 2018』開催決定!

宮城県富谷市で日本最大の室内パルクールイベントが開催される模様です。

体育館には、巨大パルクールセットが設置されており室内では『練習・大会』に出場できます。

無料体験も参加可能なので、興味がある方はホームページより是非チェックしてみてください!

エントリーはこちら

 

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。