華麗なるアメリカ国家に鳥肌が止まらない!

出典:BIllboard

アメリカのSuperBowlの開会式では、国家斉唱が一番の感動を呼ぶシーン。 全米中から選ばれた天才歌手が独唱をつとめます。 実はお決まりの構図があるんです。

National Anthem at Super Bowl

まず歌手のアップ

ガガさんの珍しくフォーマルなお姿。

士官の敬礼のポーズ!

アメフト選手の感極まった姿。

戦地に赴く戦士たちの衛星中継。

歌い上げの絶妙なタイミングに編成を組んだブルーエンジェルスのフライオーバー!

USA!USA!

というのが一連の流れで、アメリカ合衆国のナショナリズムの象徴として、愛国心を感じるシーンになっています。

そして、歌姫たちの斉唱は今や伝説として語り継がれています。

Whitney Houston

惜しくも若くしてこの世を去ったホイットニーの1991年。伸びのある高音と透明感はまさに天使の歌声。


Lady Gaga

グラミー賞6度受賞の彼女の圧倒的な表現力でスタジアムを一体感に包み込む力は圧巻。


Alicia Keys

カクテルピアノの弾き語りでしっとりと艶やかな歌い上げは思わず息を飲む美しさと力強さ。


Cher

シェールの神々しい声はエレガントな雰囲気を演出してくれます。


君が代

世界一短い国歌の君が代。 他国が砲弾や血の雨と戦の歌詞が多いなか、時を超える幸せを願う歌詞はなんとも素敵です。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。