• HOME
  • 一覧
  • 音楽
  • バケツとスティックだけで超絶グルーヴ!YouTubeの再生回数1億回超えのストリートドラム

バケツとスティックだけで超絶グルーヴ!YouTubeの再生回数1億回超えのストリートドラム

行き交う路上でバケツや廃材を叩いてビートを刻むいわゆるバケツドラム。日本ではなかなか出会うことが少ないですが、路上だと本物のドラムよりも音が馴染んだり、ドラマーとオーディエンスとの一体感が感じられたりとYoutubeでもかなり人気のようです。

ドラムといえばプロが使うものは安くてもセットで30万円はするそうだが、この映像を見てしまうと観客を沸かせるために必要なのは「高いドラムを買うことではない」ということが分かります。

ドラムを披露している男性は、日本の音楽を研究しているというオーストラリア在住の「Gordo」氏。過去に投稿した動画は、なんと「再生回数1億回」を超えるものもある世界的ストリートドラマーです。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。