にんにくの匂いを気にせず食事を楽しむ方法

鼻を誘う、食欲そそる香ばし匂い。

ペペロンチーノやガーリックステーキ、ラーメンなどなど、魅惑の食べ物にんにく

精がつき、疲労回復にきく万能な食べ物ですが、 強い殺菌・抗菌作用を持つアリシンという酵素が強烈な匂いを放ちます。

平安貴族はにんにくを食べた直後に訪れた恋人を会わずに追い返したというほど、 その匂いは恐ろしいほど人の嗅覚をひるませます。

アリシン

この酵素はニンニクを潰したりすり下ろしたりすると発生し、熱には弱いという性質を持ちます。つまり、イタリアンのパスタに使われる剥きニンニクよりも、ラーメンのすり下ろしニンニクの方が匂いが強いということになります。

体内に16時間潜伏

アルコールよりも長く体内に留まり、ジアリルジスルフィドという成分に変わって毛穴からも匂いが放出されます。

食前・食事中の対策が鍵

体内に取り込まれると化学反応を起こしてしまうため、食べる前後が重要です。

食後1時間までは対応策があります。

牛乳

牛乳に含まれるタンパク質はニンニクの匂いの元アリシンと結合しやすく、体内での化学反応を防いでくれます。さらに、腸に膜を張り吸収を抑える為、翌日までの長時間の効果もあります。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンも、アリシンと結合して体内での化学反応を未然にキャッチ!

コーヒー

コーヒーに含まれるタンニンには強烈な消臭効果が!

りんご

ポリフェノールとりんご酸が匂いを抑制してくれます。

それでも食べたい!にんにくの絶大な効果!

にんにくには、大きく分けて4つの作用があります。 ・除菌・解毒作用 ・ビタミンB1の吸収をあげる作用 ・活性酸素を除去する作用 ・血栓を防ぐ作用 美味しくて栄養価も高いにんにく。賢く美味しく食べたいですね。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。