雪山で遭難民を救うヘリコプターの超絶テクニック

オレゴン富士とも呼ばれるフッド山脈で7名が救出される動画が公開されました。

なんと、斜面に片側だけを設置して平行を保ちながらホバリングをするという超難関テクニック。風が吹いたらひとたまりもありません。

無事救出を終えて発着するヘリコプターは英雄扱いです。

日本では8/11は山の日。国土交通省によれば、平成28年の山岳遭難事故の発生件数は2495件、遭難者数は2929人。10年前の発生件数に比べ、それぞれ1.7倍、1.6と増え続けています。

救助費用は埼玉県の自治体では58分で5万5000円(!)。民間のヘリコプターで1時間あたり46万5000円ほどかかります。

くれぐれも、山の事故には万全の対策で臨んでください。そして万が一の場合はヘリコプターを呼ぶ事、レスキュー費用保険などの存在を確かめておく事が安全な山登りの為に必要な準備です。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。