子供の性別発表イベントになぜか張り切るアメリカ

産まれてきた赤ちゃんの性別を発表するイベントが、なぜかアメリカでは大人気なのだそう。

男兄弟は男の子を欲しがり、女兄弟は女の子を欲しがる流れですが、性別を知った時の両者の表情の差に驚愕です。

性別を爆破で発表した際、19,000ha喪失・被害額9億円

アリゾナ州では、赤ちゃんの性別を盛大に発表しようと、父親が開いたイベントで山火事が発生。
この山火事では約1万9000ヘクタールが焼失し、被害総額は800万ドル(約9億円)超。
同州ツーソン南郊の砂漠で、「男の子」「女の子」と書かれた標的に銃弾が命中し、男児を示す青い煙が上がった。標的の爆発で周囲の茂みに火が付き、だれかが「荷物をまとめろ」と叫んでいる。
火の手は近くの国有林に広がり、大規模な山火事となった。地元のCNN系列局によると、少なくとも20機関から消防士が出動し、約1週間かけて鎮火した。
標的を撃ったのは、国境警備隊に勤務する37歳の父親。生まれてくる子どもの性別を発表するパーティーを企画し、爆薬を詰めた標的を用意して高出力のライフル銃で撃った。
父親は今年9月、森林局の規則に違反した罪を認め、保護観察5年と総額約82万ドルの損害賠償を言い渡された。
地元局によると、父親はただちに当局に通報し、調査に協力して火災を起こしたことを認めた。司法取引の一環として、出火原因に関する森林局の広報キャンペーンにも協力するという。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。