• HOME
  • 一覧
  • 芸能
  • サッカー界の生きる伝説「マラドーナ」が、人種差別的ジェスチャーでFIFA大使を解任

サッカー界の生きる伝説「マラドーナ」が、人種差別的ジェスチャーでFIFA大使を解任

出典:Gosl.com

国際サッカー連盟(FIFA)は、ロシア大会試合観戦中のふさわしくない行為を受けて「ディエゴ・マラドーナ」を FIFA大使から解任したことをロシアメディアが報じた。

6月26日に行われた「アルゼンチン対ナイジェリア」戦で、マラドーナはスタジアムのVIP席から観戦し、カメラが何度も試合中のマラドーナの激しい感情表現を映した。

これまで愛人らしき女性とキスする姿や監督に対して激怒する姿が話題となっていた彼だが、今回は決勝点となる2ゴール目を許したナイジェリアに対し、「中指を突き立てる」姿をカメラに捉えられてしまったのだ。

これを見た国際サッカー連盟(FIFA)は、アルゼンチンの問題児に直接注意をしたが耳を貸さなかったため、FIFA大使としての資格剥奪を意味する解任を言い渡したようだ。

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。