徹底比較【圧倒的王者=ショーン・ホワイト】vs【気鋭のニューウェーブ=平野歩夢】

出典 : SKI & SNOWBOARD AUSTRALIA

平昌オリンピックでは、大会史上最多となる92の国と地域から、2900人がエントリー。その中でも下馬評はあの男、ショーン・ホワイトの話題で持ちきりです。

そして、ショーン対抗馬として筆頭に上がっているのが日本人の平野歩夢。男子スノーボードハーフパイプでは、事実上の一騎打ちと言われています。

ショーン・ホワイト

・2006年トリノ”金” ・2010年バンクーバー”金” 比類なき人間離れしたその技は見るものを黙らせ、熱狂へと誘います。

平野歩夢

スケボーパークを経営する父の元で横乗りを極める。 2014ソチ”銀”は日本人最年少15才でのメダル獲得。

男子ハーフパイプ 決勝1回目は、2/14 日本時間10:30より開始です!

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。