『重曹』うがいで口腔ケア!タンパク質を分解、酸性を中和

世に沢山の口腔ケア製品がありますが、身近な重曹を使ってお口を清潔に保てる事をご存知ですか?

重曹

別名:炭酸水素ナトリウム。水溶液はアルカリ性。タンパク質を分解する性質を持ち、酸性を中和し、結晶の研磨力から掃除や消臭に使われます。

重曹うがい

いつもの歯磨き後、重曹小さじ一杯を水100mlに溶かして30秒口を濯ぎます。重曹には食品添加物と純度の低い工業用があり、うがいには前者を使います。

口臭の原因

一般的に口臭のもとは『揮発性硫黄化合物』といわれる硫黄特有の臭いを発するもので、口腔細菌によって合成されます。

口腔内の中和

『揮発性硫黄化合物』は酸性のため、アルカリ性の重曹で中和することができ、コーヒーの口臭にも効果があります。

注意点

重曹には塩分が含まれているため、飲み込んでしまうと塩分過剰摂取や、高血圧の原因になりますので気をつけましょう。また、高濃度過ぎても口の粘膜を炒めますので、内頬に違和感があればさらに水で薄めてください。重曹で歯磨きをされる方がいますが、重曹の強い研磨力で歯のエナメル質まで削ってしまう為、毎日の使用は良くありません。

重曹は安全な食品添加物ですが、使用過多で歯や粘膜を傷つける可能性があるので注意です。市販の歯磨き粉やマウスウォッシュの刺激が強過ぎて。。。という方にはオススメです。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。