• HOME
  • 一覧
  • Art
  • ストリートアートと、ビットコインを繋ぐ。意外すぎる「QRコード」の使い方とは!?

ストリートアートと、ビットコインを繋ぐ。意外すぎる「QRコード」の使い方とは!?

出典:PBOY

フランスを中心として活動するストリートアーティストPascal Boyart 通称:PBOY」(以下PBOY)さんの描いた壁画には、ビットコインの送金用QRコードが作品に取り入れられています。

 

作品に目を止めた通行人が直接、彼をサポートできるようになっています。この斬新なアイディアは、ニュース系SNSで最近話題になり、アート系海外ニュースメディアでは「これはアーティストの未来にとってすばらしいニュースだ!」として、記事に取り上げ始めているそうです。

 

実際にはどうやっているのか?

作品にQRコードを埋め込むのに使うのは、レーザーカットで型抜きした原紙を用いて、フランス語で書かれた「ビットコインで寄付」の部分と、全体を白黒に施し。「ビットコインのロゴマーク」を、オレンジカラーにペイントすれば完成となる。

 

 
 

PBOYさんはこの新技術を学ぶために、6カ月間アートティスト活動を休んでビットコインを勉強します。その結果、作品にQRコードを埋め込むアイディアが生まれたといっています。

 
 
 
  
 
 

<PBOY>

寄付してくださった皆様のおかげで、ビットコインで受け取った寄付はすでに、約11万円(0.11btc)に達する。サポートしてくれているすべての人に大変感謝しています!

 

Pascal “PBOY” Boyart

 
 

 Pascal “PBOY” Boyart

 
 

Rembrandt

 

写真機が相棒です! 音楽鑑賞、お酒、洋服、スポーツも好きです。 暇さえあればカメラ片手に街中を徘徊。 抽象的かつ混沌とした日常を、フィルムとデジタル写真に記録しています。 気になるをモットーに、旬なトレンドやエンタメ情報だけでなく、「アパレルSHOPだけど健康を売りにしている、伝統工芸を作っているが弟子が皆外国人」など、現場でしか味わえないアナログな情報も取材を通じてお届けしたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。