見え隠れ満ち汐のロマンス

出典:Instagram

カナダ東海岸のファンディ湾は、高潮と低潮の差が16.3メートル(53.4フィート)という世界でも類を見ない大きな潮汐がある場所です。

アーチストのSean Yoro aka Hulaは、防波堤の満ち引きの差が激しい部分にミューラル(壁画)を作成。 潮の満ち引きの中、サーフボード上で筆を持ち、日に照らされながら、時には雨に打たれながら9日間掛けて水の中から見え隠れする、水面を漂う女性が描かれました。

Sean Yoro aka Hula

website | Instagram | Facebook | Prints

 

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。