本物はどちら!?恐ろしく精巧なスーパーコピー

かつての模倣品、いわゆるバッタもんといえば中国製の粗悪な品で、正規品と比べれば一目瞭然でしたが、 今現在、市場に出回っている模倣品は本物と区別がつかないほど細部まで精巧に作られたスーパーコピーです。

その品質・ステータス性から大きな信頼を得ているルイ・ヴィトンですが、ボタンや皮質など正規品と見分けのつかない品に仕上がっています。 この動画では匂いが唯一の違いと言っているので、素人目では接着剤ぐらいの違いしか判別できません。

正規と同じ付属品、ネットにある真贋の情報もすべてクリアしています。

スマホアプリでブランド品真贋鑑定ができるガジェット

ニューヨークの企業が「Entrupy」というマイクロスコープとモバイルアプリを組み合わせたもので、ハイブランドのコピー品を98%の精度で識別できる商品を開発しました。

ハイブランド品にとどまらず、アニメやキャラクター品まで

かつてのコピーブランド大国、中国では変化が起こってます。 コピー品製造からオリジナル品の製造を始めた者、中国オリジナル製品を自国のコピー品が脅かす現状となっています。

フリマアプリネットオークションの個人売買が人気の一方で、今後ますます精巧なコピー品が出回る可能性があります。正規店での購入が一番の付加価値になってくるかもしれませんね。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。