• HOME
  • 一覧
  • 犬猫
  • たった1本のソーセージがクマの命を奪う。人間のエゴと野生の掟

たった1本のソーセージがクマの命を奪う。人間のエゴと野生の掟

北海道では雄大な自然にヒグマなどの大型獣が生息しています。

そんな姿を一目見ようと、都会や地方から訪れる観光客に、動物の餌やりについて警告する文章が話題です。

「コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。初めて出会ったのは、1997年秋、彼女が母親からはなれ独立したばかりだった。」 北海道の知床の森で暮らしていた、ある雌のクマは、観光客からソーセージを与えられたことによって、悲しい末路をたどります。  人間の食べ物を知ってしまったことにより、彼女にとって人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わってしまいました。しつこく道路沿いに姿を見せると、この見物のために人が集まる…彼女はどんどん人に慣れていきました。  人に近づけまいとした対策も空しく、小学校そばに現れた彼女は駆除の対象になってしまいました。  「スコープの中の彼女は、一瞬、あっ、というような表情を見せた。そして、叩きつける激しい発射音。ライフル弾の恐ろしい力。彼女はもうほとんど動くことができなかった。瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。」  「彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻って行くはずだった。それは、たった1本のソーセージで狂いはじめた。」  「何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えてほしい。」

自然界はとても繊細なバランスで動植物たちが暮らしています。そこに人間のエゴが入り混むと。すべてが崩れてしまいます。

安直な行動でなく、自分は何をするべきなのか?常に考えて行動する必要がありそうです。

レコードと酒とバイクを愛する健康オタク。 主に音楽、グルメ、時事ネタなど。生活のアクセントになるものを投稿します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。