笑う

  1. 世界三大喜劇王

    彼らは、体を張ったスタントやアクションで、サイレント映画全盛に一世風靡しました!Charlie・Chaplin チャーリー・チャップリン代表作は「ラ…

  2. 尻に火がついた人たち

    納期に追われている人のことではありません。fart fireという、おならに火をつけて遊ぶ人たちのことです。きたならしい音ですので、映像だけでご覧いただ…

  3. 氷上の格闘技!ロシアのアイスホッケーが激熱!

    アイスホッケーといえば、日本ではあまり馴染みは少ないかもしれませんが、ロシアではサッカーを凌ぐ人気の国民的スポーツです。相手のプレーに不満があった場…

  4. ついに永久機関が開発される

    フリーエネルギーを目指して日夜進歩に励んでいる人類ですがこの度、ついに永久機関が開発されました。しかし惜しいことに、それは人間のものではなく、わんちゃん専用…

  5. 知って驚愕するあの原価

    粉商売は儲かるとよく耳にしますが、それ以上に原価が低い代物がこの世の中にはあるんです。マクドナルドのコーヒー原価率=2.5%いきなりアゴがは…

  6. 未開の島、センチネル族の生態

    アフリカのサバンナに暮らすマサイ族も、今や携帯電話の復旧率が70%を超え、IT化の波が押し寄せています。そんな世界のグローバル化が進む中、インド沖の…

  7. 変わってゆく言葉たち

    言葉はいろんな意味を持ち、10年後には違う意味になる。— ボブ・ディランBOT (非公式) (@BobDylanBotJP) 2017年11月8日…

  8. 人は見掛けによらない!?いい意味で人を欺く人たち

    人はついつい、見掛けに期待してしまいがち、そんな期待を、圧倒的テクニックでブッタ斬るスペシャルな人がいます。酒場で若者が弾くギターを、老…

  9. ボジョレー・ヌーボーを浴びる!

    女房を質に入れてでも初鰹!と言うくらいに、日本人の初物好きは熱っぽいですが、本日11月16日、2017年のボジョレー・ヌーボーが解禁されました。…

  10. 国を滅ぼすヘアスタイル

    ルイ14世が死去し、絶対王政が終焉した18世紀。カウンターカルチャーとして、繊細で華やかなロココ文化が生まれます。それまでは女性的な色合いとされてい…

アーカイブ

最近の記事

  1. 【オリンピック3000年の歴史】なぜ1位は金メダルなの?
  2. 【圧倒的王者=ショーン・ホワイト】vs【気鋭のニューウェーブ…
  3. ポンキッキーズ終了!45年に渡って子供をわくわくさせた伝説。…
  4. 【きたる2/14日】バレンタインデーオススメのギフト
  5. 【お茶派?コーヒー派?】珈琲なのに日本茶「京茶珈琲」販売 

おすすめ記事

  1. 炎上

    幻のロレックス
  2. 炎上

    ビットコイン25%下落、1600万円の損失をしたTwitterユーザー
  3. 感動

    初めて色を見た人の反応にグッとくる
  4. 笑う

    【マァァァン!】カードを落としてしまったオタクの人
  5. 感動

    ルパン三世並みにフィアットを転がす手練れに、思わず目が離せない
PAGE TOP