笑う

  1. しなやかなイメージ合成

    アメリカのグラフィックデザイナーのRandy Lewisさんは、カリフォルニア州アーバインのクリエイティブディレクターとしても活躍中。Photoshopを使用し…

  2. 笑いに耐える訓練

    軍人にはあらゆる強さが求められます。肉体的に精神的にタフでいることが求められ、金品やハニートラップにも見向きもせず己のミッションを遂行する屈強なアメリカ軍兵士た…

  3. 東京→右、関西→左、ロシア→滑る

    エスカレーターの追越しは東西で左右真逆という、よくよく考えるとこのカルチャーチョックな出来事は、JR西日本とJR東海の境目、米原駅が境界線の模様で、左右に立つ人…

  4. 鳥か! 飛行機か! いいえ、空飛ぶダッチワイフです。

    新しいをドローンで、ビールをホテルに運ぶことができるか試していたところ、ふいに24歳の誕生日にもらった彼のガールフレンドを空に舞いあげたくなりました。それはそれ…

  5. 最新版T-REXがアップデート

    子供心を掴んで離さない、強くでカッコ良い肉食竜ティラノサウルス英国の自然科学者の権威、クリス・パッカムが、最新の研究で最も忠実に再現したティラノサウルスの想…

  6. 帝国崩壊後のダースベーダー

    ベルギーの写真家であるMichaëlMassartは、2008年に膝の怪我をした直後にスポーツの道を断念。以後、情熱を写真に注ぐことになり、彼の人生の掛け替…

  7. 棋聖、羽生善治に負けると魂を吸い取られる

    将棋界は藤井聡太4段がまた7連勝中ですが、元祖将棋界の顔役といえば、羽生善治さん。通常のプロ棋士が直線で30~40手先を読むのに対して、羽生さんは1000手…

  8. 日本のイルミネーションを巡る外国人を演るミスターヤバタンが人気

    なにやらややこしいですが、「◯◯人が日本語を喋ると・・?」というパロディーをシリーズ化しているノルウェー人のミスターヤバタン。今回は東京のイルミネーションを巡っ…

  9. 悩ましげなジングルベル

    もうすぐクリスマスですね^^Twitterで、短調で演奏されたもの哀しいジングルベルが話題になっています。「ジングルベル」短調にしてみたら悲しいクリスマ…

  10. 暴走列車の超宙返りアクション

    今回はあの名作、「機関車トーマス」がロマンチック、かつアドベンチャーにアクロバティックな動きに取り組んでいます。ハリソンフォードさながらと言っても良いでしょう。…

アーカイブ

最近の記事

  1. 【オリンピック3000年の歴史】なぜ1位は金メダルなの?
  2. 【圧倒的王者=ショーン・ホワイト】vs【気鋭のニューウェーブ…
  3. ポンキッキーズ終了!45年に渡って子供をわくわくさせた伝説。…
  4. 【きたる2/14日】バレンタインデーオススメのギフト
  5. 【お茶派?コーヒー派?】珈琲なのに日本茶「京茶珈琲」販売 

おすすめ記事

  1. 笑う

    カンペーさんとカンニングで博多ラーメン
  2. 感動

    世界各国の2018年カウントダウン
  3. 感動

    スマホ中毒の解毒ガジェット
  4. 動画

    パンク精神の継承者
  5. 笑う

    イタリアのシェフが握った寿司が芸術の域
PAGE TOP