感動

  1. 和のこころ浮世絵専門の太田記念美術館

    日本の浮世絵は、江戸時代に輸出していた陶器の包み紙として海外に流出。写実的な絵を模索する西洋に、まったくイメージで生き生きさを求めた日本の絵画は、ゴッホ…

  2. スマホ中毒の解毒ガジェット

    しばしば、無用にスマホを出し入れしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?それは、純粋な退屈と習慣。つまりスマホ中毒なのです。オーストリアのデ…

  3. 限りなく透明に近いブルース

    Toby Leeはデンマーク出身の12歳のギタリスト。大人以上のテクニックと、こみ上げる感情を巧みに表現する豊かな音色は、あどけない透明感とブルージーさが融…

  4. 歴史的絵画を200年前の姿に

    イギリスのPhilip Mouldさんは、画商としてアンティーク絵画の修復を手がけています。絵画を製作する際、ワニスと呼ばれる成分を絵の具に混ぜて絵画をコーティ…

  5. 眉をクリスマスデコレート!

    Instagramで眉をクリスマスツリーにメイクアップする#christmastreeeyebrowsが流行中!美容ブロガーから男性まで、クオリティの高いツ…

  6. 世界の人道的な刑務所

    凶悪犯や、政治犯が入る刑務所など様々な種類の刑務所が世界にはあります。しかし、もし犯罪者を非人道的に罰して自殺に追い込むのではなく、再発防止に取り組むとした…

  7. 亀の子たわしのクリスマスツリーが妙に手元に欲しい

    100年以上も変わらない形と質で、生活を支え続けている「亀の子タワシ」ですが、こちらのオリジナルグッツが、なんと「たわしツリー」です。こんなにもディティ…

  8. 暴走列車の超宙返りアクション

    今回はあの名作、「機関車トーマス」がロマンチック、かつアドベンチャーにアクロバティックな動きに取り組んでいます。ハリソンフォードさながらと言っても良いでしょう。…

  9. たった3秒口に咥えるだけで完璧な歯磨きを

    口にくわえるだけで歯磨きができるマウスピース型電動歯ブラシ「UNICO」。マウスユニットに搭載された多数の小さなブラシが、32本全ての歯の表面と…

  10. AIが人類を超える日

    人工知能の進歩が加速しており、このまま自動化が最も急速に進んだ場合、以下の6か国では2030年までに次のとおりの雇用が失われるとされています。・中国:2…

アーカイブ

最近の記事

  1. 【オリンピック3000年の歴史】なぜ1位は金メダルなの?
  2. 【圧倒的王者=ショーン・ホワイト】vs【気鋭のニューウェーブ…
  3. ポンキッキーズ終了!45年に渡って子供をわくわくさせた伝説。…
  4. 【きたる2/14日】バレンタインデーオススメのギフト
  5. 【お茶派?コーヒー派?】珈琲なのに日本茶「京茶珈琲」販売 

おすすめ記事

  1. 知識

    よく見るこのイラストって・・・?
  2. 笑う

    インド人が日本のカレーを食べてみた!驚きの反応!
  3. 笑う

    東京→右、関西→左、ロシア→滑る
  4. 笑う

    ポンキッキーズ終了!45年に渡って子供をわくわくさせた伝説。
  5. 犬猫

    クマと犬のあいの子
PAGE TOP